乱文の部屋

小説

下に行くほど新しい作品です。
もしお気に召しましたら、タイトル下のNEWVEL様投票ボタンをクリックして下さいませ(月1回)。
よろしくお願いします♪

タイトルに のついている作品はファンタジーです。

Atsumi
<1><2><3><4><5><6><Epilogue>
自分のこれからも、彼女のことも「どうでもいい」と思って
いた僕の前に、彼女と同じ名前の女の子が現れた
――僕から彼女と日常を奪っていったその理由は?
最初の言葉
〜「Atsumi」side b〜
<1><2><3>
「もう、大丈夫」――あたしがいる。
あなたには、あたしだけがいればそれでいい――
おまけ
Half a year of after
A cowardly sweetheart<はじめに><1><2>
おまけのおまけ
One year after
Merry Merry Miracle
この「Atsumi」が潟Gンターブレイン様発行の「テックウィン」誌2003年8月号
にてご紹介いただいています♪お目にとまりましたら、よろしくお願い致します。


Dummy〜ダミー〜
<1><2><3><4><5><6><7><8>
雨の降る日に出会った彼女に、僕は見覚えがあった。
あの笑顔に追いつきたいと、いつも思っていた――
おまけ
another "Dummy"
A bitter and sweet cake
おまけのおまけ
After that "Dummy"
Cookie which spring Santa Claus gave


僕にできるただひとつの
<1><2><3><4><5><6>
好きだったんだ、ずっと
――僕は君に何もできなかったけれど――
おまけ
The place in which she is present
届かない、その場所へ
おまけのおまけ
The thought of seven years after
空に融けるまで


右側の天使
<1><2><3><4><5><6><7><8>
高校2年の春。クラスメートに頼まれたバイトは
「社長秘書」!? 社長室には何故か、
朝の電車で痴漢疑惑をかけてしまった
上級生がいて――精一杯のラブラブ(笑)。
いつかの左側
〜「右側の天使」side story〜
<1><2><3><4><5>
俺達は天使じゃない。すべてが思うままに、
正しいほうへ進んで行くわけじゃないんだ
――ラブ度が微妙にアップ…?
おまけ
The thought not changing
<right><left>


truth
〜もうひとつの決心〜
<1><2><3><4>
「もう会うのはよそう」――そう言ったあの夜から、
2人の間で変わったものと変わらないもの
――ひとつの詩をもとに書きました。


Minus
<1><2><3><4><5><6><7><8>
<9><10><11><12><13>
鏡の向こうに突然現れた男の子。
彼とあたしの世界がつながった日から、
奇妙な事件が起こり始めた――
plus which you gave
〜「Minus」side story〜
<1><2><3>
きっと、帰るから――俺が見つけた場所を、
失くさないから。
おまけ
The place to which you return
I LOVE YOU<><>


硝子のキス
<><>
優しく触れてくれる唇は、いつも冷たかった。
薄い1枚の硝子のようなキスを、何度交わせば、
私達は正しい答えに辿り着けるのだろう。


Revolution
<><><><>
子供の時から隣に住んでいる従兄の『ケンちゃん』は
10歳年上の社会人。
あたしはまだ高校生で、いつも子供扱いされて、
ふざけてばかり。
だけど、最近それが少し変わってきた気がする――。
Honesty 〜RevolutionU〜
<><><><><><>
従妹の夏菜と付き合い初めて半年。
変わらないようでいて変わっていく二人に
戸惑っているのは、僕のほうかも知れない。
Run-up 〜RevolutionV〜
<><><><>
大学一年の夏休み。
ケンちゃんは一ヶ月の長期出張に行ってしまった。
この夏、あたしは少しは成長することができるだろうか。
大人になるって、いったい、どういうことなんだろう――。
Hypocrisy 〜RevolutionW〜
<><><><><>
従妹の夏菜とは付き合って二年になる。
僕は大事なものを見失わないために
自分の弱さを認める時が来たのかも知れない。
そんな中で、ある日、夏菜の体に異変が――?
Wonderful world
〜RevolutionX〜
<><><><><><><><>
あたしが体調を崩した頃から、ケンちゃんとは少し距離ができてしまった気がする。
すぐ隣にいたはずなのに、彼の体温が感じられない。
訊きたいことや、言いたいことを、全部吐き出してしまったら、何かが壊れてしまうのかな。
おまけ
Afternoon of catnap
小さな庭


てのひらにブルー <><><>
社会人になって最初の冬、 久しぶりに会った
友人のあおいは、僕が学生時代の恋人に
こだわるのが気に入らないらしい。
僕が前に進む時、このてのひらに残るのは――。


8月の君に <><><> <><> <><> <><> <10>
<11> <12><13><14><15>
営業の仕事を始めて4年目になる僕は、同僚や後輩、
自分の適性との間でこれから進む道を改めて考えていた。
偶然出会ったのは、かつて鮮やかに切り取られた夏の風景――。


リクエスト
My smiling face which you know <1><2><3>
10000hitキリ番、狙ってくれてありがとう賞(笑)。
水城りん様よりのリクエストで
『ひねくれもののお坊ちゃまと、気が強いけれど優しい女の子の恋物語』……に、なってる、はずです(汗)。
水城様、リクエストありがとうございましたー!
君の名前を呼びたい 君の名前を呼びたい
My smiling face which you knowの後日談。
バレンタインの2人のショートストーリーです。
こちらは2周年企画フリー作品とさせていただきます。
こんなものでよろしければ、どうぞご自由にお持ち帰り下さいませ。
sweet thing in a pocket <1><2>
20000hitニアキリ、奈美様よりのリクエストで『高校生か大学生くらいの女の子と、大人な男性の恋愛話』……です。
はてしなく微妙(笑)。
奈美様お気に入りのあのキャラも出ていたり、出稼ぎ話と半端に繋がっていたりの微妙っぷりです。
こんなになってしまってすいません(汗)。
リクエストどうもありがとうございました!
Is it true in a lie?
&水城様作おまけコミック
Is it true in a lie?
水城りん様のサイト1周年お祝いに贈らせていただきました。
「エイプリル・フール」で「飛優+丈早」がお題です。
もう、無理やりな感じで(笑)。
飛優のイメージぶち壊しだったらすいません(汗)。
でもとても楽しく書かせていただきました♪
その上、ステキなおまけコミックまでいただきましたっ!!
どうぞお楽しみ下さいませ〜☆


SS(ショートショート)
帰り道〜uphill〜 帰り道〜uphill〜
いつもの帰り道で彼が口にした言葉は
それまで見えていた景色を変えてしまった。
これから1人で歩く道のりを、
あたしはどう受け入れていけばいいのかな。
帰り道〜downward slope〜 downward slope
「帰り道〜uphill〜」のサイドストーリー。
「さよなら」の一瞬の短いお話です。
すべての終わりは すべての終わりは
企画参加作品SSです。
「ふと、空を見上げてみた」で始まるお話というお題。
……えー、出稼ぎ作品と少しかぶってます(汗)。
若さがないです(爆)。
Wake me up Wake me up
こちらも企画参加作品SSです。
何をするにも許可が必要な未来の世界で、
24時間の自由を手に入れたら、という
ストーリーテラーに挑戦してみました。



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー